パネットーネを焼いてみた!

あぁ〜時間がかかったな〜!パネットーネ!

イタリア語っぽく言ってみたのパネットーネ!

やはり筒型の型じゃないと雰囲気出ませんね。

とりあえず家にある型で作ってはみたものの・・・・・

クグロフ型とパウンド型。次はやっぱり紙の型を準備しようっと!
焼きたてなんで味見をするには早いかな?でも超気になる!

パウンド型の方を切って陽久さんが食べてみる。「軽いね−!大人味!」とのこ

とです。しっとりしていてフワッフワ♪ドライフルーツが美味しい!

生地はバターと卵が多め。何に似てるかって言われたら、ブリオッシュかな?

朝6時から初めて焼き終わったのが午後の4時過ぎ。12時間くらいかかると思

って覚悟していたのですが、薪ストーブのおかげで発酵が早く進んだみたいで

す。中種から作るレシピだったので時間がかかりました。簡単レシピを選べばい

いものを欲張っちゃうんですね。きっとこっちの方が美味しいだろうとね。

本場のミラノのパネットーネを食べたこともないくせに。なるべくそれに近いレ

シピで、パネトーネマザーも準備したんだしね。本場の味に近づけたい!なーん

てね。ポレーゼルの特製パネットーネを賞味してみたい。ネットで調べたら一個

7800円でした。それも60個限定。もう売り切れたかも!

とりあえずイタリアの小さな村のコモ湖周辺でしか培養できないためamazonで

取り寄せた。複雑な旨味を醸し出してくれるとか。ですからパネットーネを作る

なら絶対にパネットーネ種が必要なんです。イーストでもできますがそこはこだ

わりたい。日持ちがするパンなのでじっくりと味わいたいと思います。

 

 

コメント